2007年 02月 14日

ゴンチャロフ・生チョコ

f0003307_1012214.jpgf0003307_10123398.jpg







今日はバレンタインということでチョコレートを。
高校の頃から友達とチョコレート交換をしているんですけど、今年の収穫は神戸の老舗ゴンチャロフの生チョコでした。スイート・ビター・ウィスキーとあるらしいですが、今回はスイートをゲットです。

基本的にはオーソドックスなタイプで、大きさは2センチ(縦)×2センチ(横)×1センチ(高さ)くらいです。さて体積を求めなさい。
柔らかさは申し分なし、お値段も8個入りで525円とお手ごろでお求めやすくなってます。…って宣伝みたいですね笑
チョコレートにはやっぱり珈琲がよく合います。エスプレッソが1番合いそうですけど、なかなか家では用意できないのでエスプレッソ風味のものでよしとして。

生チョコはちょっとづつちょっとづつ前歯でこそげ落としつつ、口の中で珈琲と融合させます。
食べてる本人は優雅な気持ちですけど、傍目から見ると鼠かビーバーみたいなものでしょうね。
[PR]

by tedukuri_hanba | 2007-02-14 10:36 | 食べ物


<< 白謙・笹かまぼこ      人類の進化と栗田さんの進化 >>